仕事も、家庭も、特に問題はなく平和で穏やかな毎日を送る。でも、そこに喜びが感じられなくて何かを探したい衝動にかられる。そんな体験はありませんか?

 

憂うつの原因は何なのか?

家族のために一生懸命働いてきて、ふと気づけば結構いい歳になっている。このまま年老いていくのは自分が本当に望んだ生き方だったのだろうか?

そんなことを考えるとき、人生の大きな転機にきているといえます。

占星術で読み解く

 

生年月日からホロスコープをだします。出生時間と出生場所がわかるとより詳しくお伝えできることもあるので調べてみましょう。母子手帳に記載があります。もしわからなくても大丈夫です。ホロスコープであなたの悩みの原因を探っていきましょう。

日常に彩がない事がエネルギー枯渇の原因かも

『仕事に行く⇔家に帰る』この行動以外に、何をしていますか?休みの日は何をして過ごしてますか?休みの日は家でゴロゴロするだけなら、体は休めていても心に充電がされてない状態かもしれません。そしてそれが長く続いていたらあなたのハートの喜びというエネルギーは無くなりかけているかも。

楽しいことをたくさんする

遊ぶことも大事だけど、これといった趣味がないという方はわりと多いです。何がしたい?と聞かれてもすぐに答えが思い浮かばない。接待ゴルフやママ友ランチは趣味・・・とは言えないかな。

 

小さいころの「好き」は何?

小さいときはスポーツが好きだった。朝から晩までサッカーして楽しかった。絵を描いているのが好きだった。本を読むのが好き、ぼんやりしてるのが好きだった。乗り物に詳しくて車の種類はほとんど覚えてた。電車の駅名はすらすら言えた。などみんな何か熱中したことがあったはず。親も「すごいぞ」「上手ね」とほめてくれた。

でも大きくなるにつれ親も「いつまでもそんなことやってないで勉強しなさい」というようになり少しずつ大人の時間割りにあわせて成長していくうちに、好きなことをしなくなっていく。

そして何十年かたって大人になってから「小さいころの好き」を思い出そうとしても思い出せない。つまらない大人になった気がしてむなしい。その気持ちが憂うつの原因を作っているのかもしれません。

自分のワクワクするジャンルがわかる

 

また、何か楽しい事始めたい。何から手を付けたらいいかな?そんなご質問にも占星術からアドバイスできる。憂うつのどん底にあっても、元気になれる手がかりが何かあればいい。一歩だけすすむだけでまた次の一歩が見つかるから。あなたのホロスコープを見てワクワクできるヒントをお伝えします。

 

明日からの日常を『平凡だけどそれが幸せ』なものにしましょう。

 

スポンサーリンク