[`livedoor` not found]

占いは人生の羅針盤

こんにちは。ローズベルです。皆さんはどんな時に「占い」に行かれますか?仕事や恋愛に悩んだ時、これからどうしたらいいかアドバイスがほしい時に占いをされることが多いのではないでしょうか。その時にどのような占術であれ相談事に「こたえ」が得られると「占ってもらって良かった」となりますね。でも「占い」って一口にいってもいろいろあるから違いを簡単に説明します。

「命術」「卜術」「相術」

占い方法は、大きく分けると3つになります。

「命術」とは

生年月日を用いて個人の基本的な性格や一生の運命を占う方法です。相手との相性も命式上での良し悪しを見ていきます。四柱推命や算命学、そして西洋占星術などが当てはまります。

「卜術(ボクジュツ)」とは

偶然に表れた象徴を用いて、置かれている状況や展開を見ていきます。易やタロットカード、ルーンなどが当てはまります。

「相術」とは

対象の姿や形から、その人の状態や運勢を占う方法です。手相・人相・姓名判断・風水などを指します。

 

「西洋占星術」と「タロットカード」が私のベスト

私の占術はタロット/西洋占星術/ルノルマンカード/数秘術などですが、鑑定ではタロットと西洋占星術を使うことが多いです。命術として西洋占星術を使い、卜術がタロット(ルノルマン)です。

~西洋占星術~

生年月日からホロスコープを作成し個人的な性格や運勢をお伝えします。何歳ごろ運気が上がってくるとか結婚のタイミングだとかを相談に応じて鑑定していきます。生まれた時の星の位置と現在の天体との配置から運気の流れがわかります。相手との相性などもわかります。

~タロット~

相手の気持ちとか状況の展開などはタロットから読み解きます。気持ちがカードに表れているとしてリーディングしていくのですが、出たカードがご自身の気持ちにぴったりだと驚かれる方も多いです。

西洋占星術とタロットが私の鑑定スタイルですが、ご相談の「こたえ」をちゃんと導き出せるので、私にとって占術のベストコンビネーションです。

次の一歩を踏み出すために

思い悩んだ時に、自分一人だと考えが同じところをぐるぐるしているだけの事もありますが、占うことで自分の悩みを少し客観的にとらえることができます。冷静になって客観視すると解決法が見えてくるものです。
「占い」は当たってる、当たってない。という感覚だけではもったいなくて占星術やタロットからくるメッセージを参考にしていただき、次の一歩を幸せの方向へと踏み出す指針と思っていただけたら嬉しいです。誰しも、幸せになる道はありますからそれを探すお手伝いがしたくて占い師をしています。

「占い」は人生に迷った時に解決の方向性を示す「羅針盤」のようなものだと私は思うのです。

[`livedoor` not found]