[`livedoor` not found]

ルノルマンカード36番目は十字架です。

ルノルマンカードは36枚で1デッキという構成ですので、この十字架のカードが最後のカードです。

十字架と聞くと「神」「奇跡」というイメージで、ポジティブな感じがあるかもしれませんが、そうではなくルノルマンカードでは思いっきりネガティブなカードです。

「終わり」「最期」という感じで思い切って読みましょう。

終わりという結果は残念ですが、終わりがあるから始まりもある。しっかり終わらせるのも、次の始まりを良いスタートにするコツです。何がダメで終わりなのか?何を望んでいたのか?どんな努力をしたのか?またはしなかったか。などなど今の自分の状態をしっかり見据える必要があります。

終わりが辛いものであればなおさら、次は幸せを掴んでやるぞ!と前向きに頑張れるような励ましと応援を(自分のことであっても)心がけてリーディングしていただきたいです。

ルノルマン講座in東京は7月2日

 

引用元:『The Oracle of M.Lenormand』

 

スポンサーリンク



[`livedoor` not found]