前世ヒプノセラピーでわかること

自分の今世の使命はなんだろう? 前世で自分はどんな生き方をしていたのだろうか?

何を目的として今世は生まれてきたのか?これからの生き方のヒントにしたい。

あの人(両親や恋人など)との前世でのかかわりを知りたい。

なかなか解決しない問題は前世からの影響があるのか?

など様々な理由で受けられます。

過去世をみることで気づきが起こる

ヒプノセラピーのセッションではクライアント様に横になっていただきくつろいだ状態になっていただきます。そばでセラピストが誘導催眠により時間を退行して過去世をみます。過去世は今の人生の生まれる前の人生のことを指します。ひとつ前とは限りませんしそれがあなたの前世であるかの実証も検証もできるわけではないのですが、自分の意識がそのシーンをとらえて観て感じていると、深層意識レベルで「ああ、わかった」と気づきます。いわゆる腑に落ち感がおこります。

 

前世が見れないこともあるの?

過去生を見ることを目的としていきますが、実は必ず見れるわけではありません。なぜならあなたの無意識にアクセスしてセッションを進めるので自分の意思で見たいものを見る。好きなDVDを観る。という感じのセッションではないのです。観れない理由は

【ご自身が催眠に慣れていない】【上手くリラックス出来ない】【イメージを掴めなかった】【眠ってしまった】など理由は様々です。

初めての方がまったく見れないかというとそうでもなく、初めてでも映画のシーンのようによく観えた方もいらっしゃいますし、光や色といった感じでメッセージを受け取った方もおられます。端的に見えたという方も。見たものが端的であってもセッション後のシェアで「ああ、つながってる」「納得できました」とおっしゃる方は多いです。

ですから「必ず、あなたの前世がわかります」とは言えないのですが、ヒプノセラピーが上手くいきますと色んなメッセージを受け取る場合もあるのです。

セッションは夢を見ている感じ

トランス状態を作り出すのに、安全で安心できる空間づくりが重要です。落ち着いてリラックスした状態になっていただきセッションを始めます。

セラピストはクライアントのそばにいて見守りながら誘導していきます。

現実の肉体はベットの上にあり、意識はいろんなイメージを旅をしている感じです。

「美しい馬がみえます」

とクライアントが答えたことに対し「どんな様子ですか?」とお聞きします

それでよりクリアにイメージがつかめるのでシーンを進めていくのです。

ゴールは何か?

ヒプノセラピーを進めていくと色んなシーンがあり、いろんな感情が起こります。セラピストは

クライアント様の様子を確認しながら臨機応変に対応していき、今回のセッションの目的地を探します

本当にお一人ずつ相談が違えば観る者も違いますから、あらゆるケースを想定してヒプノセラピーの学びを1年間続けました。人の意識に触れるのですから、この学びはとても大切だったと思います。

 

私はセッションの前にじっくり時間をかけてカウンセリングをいたします。そのカウンセリングで「すでにだいぶんすっきりしていました」とおっしゃっていただくことも多く嬉しく思います。

ヒプノセラピーではクライアント様との相性が大変重要だと思いますが、初対面ではお互いにちょっと緊張してしまいますよね。ですが安心してセッションを受けていただけるといいなあと思います。

セッションは女性限定となります。

スポンサーリンク