ソウルメイトとは

「ソウルメイト」は特別な関係を結ぶ人物と意味されることが多いと思いますが、特別な関係ってどこまでをいうのでしょうか。

恋人、夫婦、親子、親友など、人生の中でたくさんの人との出会いがあります。人間関係の中で我々は、もまれて成長していくのですが、例え人嫌いで一生を山で過ごし自給自足の人生を選んだとしても、自分の体は母から生まれたので母親との関係は必ずあります。その母親との関係は絶対に変えようがないので「宿命」的な関係であるといえます。親、兄弟、国籍など生まれた時から変えられない事にもちゃんとした意味があるはずですが、今回の「ソウルメイト」については生まれてから新しく出会っていく人との関係として考えてみたいとおもいます。

 

 

地球の人口は72億人

国連の人口白書によりますと現在の人口は72億人(2016時点)とのこと。その多くは会うこともなくお互いを知らないままにそれぞれの人生を生きています。ほとんどが「自分の日常に直接関係ない人」です。お互いを認識しないと存在もしないので、こちらもソウルメイトとはならないでしょう。自分の周りの人間関係を考えるときは少なくとも相手と出会う必要があります。

どうすれば出会えるのか

「ソウルメイト」は「魂の伴侶」ともいいますが恋愛対象としての関係にとどめるより、私は「魂の友」というほうがしっくりします。

【深いつながりを感じられる人】【自分の人生に大きな影響を与えた人】【信頼して安心できる人】

どの要素も含み絡み合っていますが相手と強い絆を感じられることは「ソウルメイト」である重要な点だと思うのです。そしてもっとも重要なことは出会った時、自分がそこに気づけるか?ということです。相手と出会ってその関係が自分にとってソウルメイトの要素を持っていると気づく感性を磨くことが大切です。

 

自分の魂も成長させていく

「ソウルメイト」魂の友ですから「魂」レベルで出会う必要があります。「魂レベル」とは「自分の人生のテーマ」「自分の人生の目的」に一生懸命取り組んでいる状態だといえます。意味のない人生などないので人は何かしら目的をもって生まれてくるとするならば、必ずテーマがあります。それは【自分の課題】としてあるのでチャレンジ精神がいるものでしょう。いつも同じことで悩んだり上手くいかなかったりしているかもしれません。

でも、負けずにめげずに、自分の人生を積極的に成長させようとして取り組んでいるなら、その姿は誰かの人生に共鳴するでしょう。協力者として現れたり仲間として現れたりして、いつしか【かけがえのない友】として存在するでしょう。

それが「ソウルメイト」なのだと思うのです。

いくつになっても出逢えるけれど、自らが魂を磨こうとするべく自分のテーマに取り組んでいないと出逢えないのです。

 

自分のテーマや目的を知る方法としては

「ヒプノセラピー」や「西洋占星術」などが適しています。

 

スポンサーリンク